苦しみ

苦しみ「ほんの少ししか変らないけれど、随分と参考にさせてもらってるよ。ありがとう」
そんな言葉を彼は言います。

彼より少し年上だった私は、彼からよく相談を受けていました。
私なりに経験してきたことだとか、考えを彼に伝えることで
一緒に物事を考えていくようになって居ましたが、それが恋愛と結びついていくとは思いもしませんでした。

いつしか、彼の弱音が私だけに見せるもののような気がして愛しくなりはじめ
また彼もそんな私に若干の甘えが芽生えてきたのかもしれません。
気がつけば、お互いに必要不可欠な存在として感じあうようになり
お付き合いがスタートしたのです。

彼との日々は、優しくて温かなものでした。
相変わらず、相談事は多く持ちかけられていましたが
私はそれでも彼との恋愛を幸せだと感じることが出来ていたのです。

しかし、時がある程度流れたとき
苦しみだけで私たちはつながっている部分もあるなあ」と思うようになりました。
楽しい時というよりも、悲しかったり苦しい時に多くを求めてしまうようになっていたのです。
それは恐らくお互いに。

そんな恋愛観では良い形など作れるはずもありませんよね。
陰の部分だけでつながった恋愛関係。
それが終わっていくのは、それから直ぐのことでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加